損失の拡大を防ぎ、FX投資家の資産を守る「ロスカット」

問合せ先に関して

このサイトに関する情報やそのほかのお問い合わせに関してはsdqwhodcbnbnc88@gmail.comまでお願いします。通常1週間以内二でご返信をさせていただきます。またいただいたその内容によってはお答できない場合もございますので予めご了承くださいますようお願いします。

本日の外国為替市場(東京市場)の午前は、午前9時から実施されたG7協調介入により急激に円安が進行しました。午前11時20分現在では円売り基調が 継続しており、ドル円、クロス円は堅調な動きとなっています。各通貨ペアはドル/円は81円台半ば、ユーロ/円は114円台半ば、ポンド/円は131円台半ば、豪ドル/円は80円台後半、NZドル/円は59円台前半でそれぞれ推移しています。また、日経平均株価は、前日比158円高の9,120円で午前の取引を終了しています。しかしながら、「場合によってはユーロが協調介入対象となる可能性」との要人発言もあり、この後の欧州勢の参入後もマーケットが大きく動く可能性もあります。FXトレーディングにあたっては充分な留意が必要な状況が続くと考えられます。