世界で人気のMT4とは

MT4が人気の理由はプロが作成したEAにあり

メタトレーダー4(以下、MT4)は、ロシアのMetaQuotes社が開発した為替レートのチャートを表示するFX用のトレーディングソフトだ。

 

MT4は世界的に広く使われている。国内外のFX業者がこのMT4を利用してトレードできる環境と口座を用意している。それを利用することで、個人投資家はFXの取引を行うことができる。

 

MT4の特色は、そのカスタマイズ性にある。例えば好みの通貨ペアのチャートを作成し、自分の見やすい色や形に整えることができる上、そのチャートを利用して、口座から直接売買注文を行うこともできる。

 

また、主要なテクニカル分析も、ツールとして一通り網羅しており、それらを組み合わせて使うこともできる。

 

独自の指標を作りたいならばMT4に同梱されているメタエディタを使ってプログラミングすることも可能だ。さらにmt4のEAを利用することで、指定したルールに基づいて自動売買したり、結果をシミュレーションすることができる。

 

そして、世界中の投資家たちが研究・作成したそれらのデータ(EA)を、自分のMT4にインストールして利用することも可能なのだ。このEA、ネットで優良なものを無料で入手できる。MT4+EA、MT4+無料EAなどで検索するとさまざま出てくるので参考にしたい。

本日の外国為替市場(東京市場)の午前は、午前9時から実施されたG7協調介入により急激に円安が進行しました。午前11時20分現在では円売り基調が 継続しており、ドル円、クロス円は堅調な動きとなっています。各通貨ペアはドル/円は81円台半ば、ユーロ/円は114円台半ば、ポンド/円は131円台半ば、豪ドル/円は80円台後半、NZドル/円は59円台前半でそれぞれ推移しています。また、日経平均株価は、前日比158円高の9,120円で午前の取引を終了しています。しかしながら、「場合によってはユーロが協調介入対象となる可能性」との要人発言もあり、この後の欧州勢の参入後もマーケットが大きく動く可能性もあります。FXトレーディングにあたっては充分な留意が必要な状況が続くと考えられます。