FX初心者は1000通貨から始めよう!

初心者でも始めやすいFX。1000通貨、少額投資も可能

私は証券会社や証券取引所などが主催するセミナーで講師を務めていますが、最近特に感じるのはFXのセミナーには若い人、とりわけ女性の方が多く参加していることです。FX初心者が本当に多くいらっしゃいます。ネットでもFX初心者むけのサイトも増えてきています。

 

なぜ、FXは人気を集めているのか。

 

それには以下のような理由が考えられます。

 

まずは、はじめやすさです。海外旅行に出かける人が多く、日ごろから通貨の交換レートを見ているなど、FXははじめやすい身近な金融商品といえるでしょう。

 

同じ外貨建て金融商品である外貨預金は銀行の手数料が1ドルあたり1円程度かかりますが、FXの取引手数料は無料に設定している取引会社が多いです。実質的な手数料といわれるスプレッドを含めても、1ドルあたり1銭〜10銭程度です。

 

また1000通貨、投資金は約5000円くらいから、少額の投資資金でできることもFXの特徴です。FXは数万円からはじめることができます。そして少額でも自己資本金(証拠金)を担保として預けることで、その数倍の金額の取引を行なうことができます。このレバレッジは他の外貨建て金融商品にはない、FXの醍醐味といえるでしょう。

 

1000通貨でFXを始められるFX会社で初心者のかたは始めればいいでしょう。

本日の外国為替市場(東京市場)の午前は、午前9時から実施されたG7協調介入により急激に円安が進行しました。午前11時20分現在では円売り基調が 継続しており、ドル円、クロス円は堅調な動きとなっています。各通貨ペアはドル/円は81円台半ば、ユーロ/円は114円台半ば、ポンド/円は131円台半ば、豪ドル/円は80円台後半、NZドル/円は59円台前半でそれぞれ推移しています。また、日経平均株価は、前日比158円高の9,120円で午前の取引を終了しています。しかしながら、「場合によってはユーロが協調介入対象となる可能性」との要人発言もあり、この後の欧州勢の参入後もマーケットが大きく動く可能性もあります。FXトレーディングにあたっては充分な留意が必要な状況が続くと考えられます。